おとめ山公園で思ったこと2016年09月02日 15時15分53秒

先日、おとめ山公園に久しぶりに行った。
元々は狩場、その後相馬家の屋敷であった斜面林で湧水池だとの説明が書いてあった。
植物や野鳥の説明「最近は少なくなりましたが」いろいろな昆虫も見られますとあった。
ヘイケボタルも保護(養殖?)しているという。
都会にこういう場所があることはありがたい。ないよりずっといい。100倍もいい。
でも、これじゃだめなんだ、と思った。

綺麗に清掃され、石が敷き詰められた水路は、一見、気持ちよく見える。
ちやんと広場になった草地も、いろんな種類が植えられた植物も、もとから残された斜面林の名残も。

でも、ここはあまりにも山から遠すぎるみたいだ。
斜面林というにはあまりにもピンポイントすぎるみたいだ。
すでに回廊は失われ、飛翔力のある鳥は訪れるものの、昆虫たちは確かに影が薄い。
この日はミンミンゼミとアブラゼミの大合唱だったが、あまり心が晴れなかった。

先日、ちょっぴり高台になっている場所から、台風の影響で複雑になっている雲の動きと夕暮れを眺めていた。
至福の時間だった。
確かにそこには大気が存在し、太陽のエネルギーで対流している。圧力の差により雲を生じ、地球の自転の影響を受け、ダイナミックに動いている。
このコンクリートとアスファルトだらけの自分のいる頭上にも、巨大な空気の層が存在する。自分はその中にいる。
そのことがとても嬉しかった。

いつもいつも「つながりなおし」の事を考える。
これらの事を知らない人は、感性がないのでも感覚がにぶいのでもない。
知らないのだ。

自分がやりたいことは、こういった事を、多くの人たちと共有したいということなのかもしれない。
だから「わからない」「余裕があっていいね」などと言われると傷つくのかもしれない。
怒ってはいけない。知ってても偉いわけじゃない。ただただ淡々と、そこにある事実を感じ続ければ、それだけで良いのだろうか。
それでストレス解消になって、病気も治って、経済的に恵まれた暮らしを営んでいれば、それでよいのだろうか。
よくわからない。
でも、机に向かって仕事をしているより、雲を眺めている方が絶対気持ち良い。
人工的な流れを眺めているより、藪漕ぎをしてでも土や斜面を歩き、たくさんの生きものにかこまれている方が気持ち良い。
それが自分の帰属意識なのだろう。
他の人たちはいったいどこに自分の根を、帰属する場所を求めるのだろうか。
そのことを自分には未だ理解できないでいる。
または理解することを拒んでいるのかもしれない。いい歳して困ったものだ。