醜い正義2016年11月09日 15時10分32秒

病気にならないとわからない


先日、ツイッターで「近所の市職員が精神を病んで休職中なのに遊び歩いていて疑問」なので、アカウントを立ち上げたという人物がいた。市議の幼稚な行動や公務員倫理にもとる不良公務員の事も突きたいと。
よくいる正義の見方だが、アカウントを立ち上げた理由が気になる。


たしかに「休んでいるくせして」という気持ちはあろう。
自分自身、この病気になってみて初めて気づいた。
昼間出歩けるは幸せなことだ。
布団から起き上がれるのは、幸せなことだ。
自分の足で、ちゃんと前を向いて歩けることは幸せなことだ。
それができなくなるのが、この病気なのだ。
だから、あまり他人の事を非難する資格はないかもしれない。


ただ、一つ大きな問題がある。
それを、匿名のハンドルネームで噂話のように広めるという事だ。
これは、全く無責任な行為である。


もし、やっと昼夜逆転の生活から立ち直ったばかりの人がこれを見たらどう思うか。
もし、ショックをうけて病状が悪化したらどうするか。
もし、駅のホームから一歩足を踏み出したらどうするか。
病になって初めて分かる様々な可能性。
どのような場合でもまずは相手が人間であることから考えるべきこと。


この人は「市をよくするのだ、手を汚さずに」という似非使命感のおかげで、間接的に殺人を犯すかもしれないということを自覚しているのだろうか。


あげくの果てに、やっていることと言えば博物館の職員ブログを見つけ、「この学芸員は自分の名声のためにだけ働いている」「バンディングのために小鳥を捕まえるのはかわいそうだ」「骨格標本の写真を見たら飯がまずくなった」などという、見当はずれな個人攻撃に徹している。
言っておくがその学芸員は、熱心に学芸活動を行い、調査と普及活動を行っている人物である。
我々は何も悪いことはしていないし、公務員倫理に抵触するようなことは何一つしていない。
ただのうさばらしなのか、特定の個人を狙った攻撃なのか、はたまたもっと大きな政治的な動きの一部なのか…まあ、そんなことはどうでもよい。


だが、一言いいたい。ただの見た目だけで病人を差別視するのはやめていただきたい。休職するにはそれなりの理由がある。気になるなら質問しろ。実名で。そして不正があれば正々堂々と摘発しろ。
それをせずに面白半分に他人を中傷して子どもと公園に遊びにいって来た事を書いたり、奥さんとケーキを食べに行くなどとわざと書いてみせる醜さ。それともフェイク?1人さびしく暮らす引きこもりなのか?
本当に腹が立つ。ありがたいことではないが、病気のおかげでひとつ賢くなれた。