空を見上げる日2017年03月01日 13時45分43秒

僕にとって何よりの心の安らぎは、生きものを眺めているときなのだが、時によって興奮しすぎてしまい、疲れてしまうこともある。
この頃特に体調がすぐれないので、興奮した後の疲労感が半端でない。
読書にしても、あまり面白すぎると後が大変だ。
いやはやなんともか弱い身体になったものだ。
本当に一時的な不安定なんだろうなあ。「人生50年」という言葉が木霊のように頭の中を響いている。
昨日は手足の震えが出てきたのでとんぷくを飲んでしまった。
おかげでその後、眠い、眠い。
家に帰って居眠りしてしまったら、寒くなってきて、瞑想もままならない。
ならば、外に出たほうがまだまし、と午後5時になってから散歩に出た。
とりあえず「一番星を輝き出す前に見つけること」を目的にした。
空が開けている場所にたどりつくまでにちょっと時間がかかったが、まだ陽は沈んでいない。というかオレンジ色にギラギラ輝いている。
ややもやっとした西空のグラデーションもきれいだ。
あまり雲が出ていないので、眺めるものはあまりない。
とりあえずスマホの天体ソフトで位置の見当をつけて金星をさがす。
あった。
20mmの双眼鏡だけれど、ちゃんと下の方だけの弧に見える。
でも星像が1つにならない。
光軸がずれているらしい。風景を見る分には気にならないのだが…
ちょいと力をいれて双眼鏡をひねってみる。おー。像が1つになった。がさつだけど一応光軸修正できることはわかった。
しばらく堪能したあと、肉眼で空のそのあたりを眺める。
見えない。またしても余計な星やらゴミのようなものが視界一面に泳ぎ出し、星だかなんだかわからない。
また双眼鏡を向ける。よし、あそこだ。
肉眼にもどす。
見えない。

ふと思いついて、ピンク色の夕陽を浴びた高層ビル街の写真をとるため、ちょっとそこを離れる。
戻ってきながらまた肉眼で金星をさがす。
見えた。
今思えば時刻でも記録しておけばよかった。
1〜2分もすると、場所さえわかれば見えるようになったので、カメラを取り出して写真をとる。コンパクトカメラの手持ち撮影。
確認すると、うっすら金星が写っている。
たいしたもんだ。
安心して家路につく。時々空を見上げながら。
これだけでも、眠気と沈んだ心が多少癒される。

夕食後。ふたたび気分が落ち着かなくなる。
息苦しい。
またもや外に出て、今度は夜空を見上げる。
冬の大三角形がよく見える。
それから、あれはアルデバランかな…
残念ながら、オリオン座全体はおぼろげにしか見えない。
でも、ここに住み始めて、一体何度オリオンを見ただろう。
あまり記憶にない。
このごろ空気が澄んでいるのか、忙しくてちょうどその時間は見ていなかったのか。
街灯が目に入らないところを探しながら軽く散歩する。
空を見上げながら。
少しずつ、息苦しさが去っていく。
あの光は、数年〜数百年かけてやってきた。まっすぐに。僕の目に向かって。
そう思うとちょっと不思議な気がした。
惜しげもなく昼も夜も降り注ぐ星の光。
誰にもわけへだてなく。
束の間、穏やかな気分に浸る。人生50年をはるかに超えたものがそこにある事に。
誰も彼もがあくせくする中、まったく意に介せず有り続けるものに。

いつもこんな気分なら良いのに。
病気の自覚などしないで暮らせたら良いのに。
もう一息。
とりあえずはそう信じる事にしよう。