バカをやる人2017年06月01日 18時03分01秒

上坂浩光さんという映像作家がいる。
もう先月の話になるが、その方の経営する映像制作会社(有限会社 ライブ)が、設立20周年を祝うイベントを開催した。
上坂さんはCM映像などのCGを手がけてこられた方だが、2009年に発表したプラネタリウム向け映画「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」で、映画監督デビューしている。
この作品は人間が一人も出てこない。小惑星探査機「はやぶさ」を主人公に、ミッションの説明をする映画だ。にもかかわらず、大きな感動と共感を呼び、いまなお多くの人たちに支持されている。
白状するが、僕は最初にこの作品を観た時にピンと来なかった。そもそも「はやぶさ」自体、「なんかそんな探査機あったなあ、途中で故障した無謀な計画じゃなかったっけ」ぐらいにしか認識していなかったし、映画もなぜもっと「プロジェクトX」みたいにやらないのか、と思った。おまけに妙に情感に流れているような作りに違和感を覚えた。言ってみればこの作品を受け入れるチャンネルを持っていなかったのだと思う。
それが、2010年6月の「はやぶさ」帰還を経て一変する。
まず、帰還予定日の2週間ほど前から、プラネタリウムに並ぶ人の数が急激に増加した。「何か対策しないとこれはまずいよ」という天文スタッフの言葉があったけれど、まだ僕にはピンと来なかった。
しかし、映画を見にプラネタリウムを訪れる人は増えるばかり。それまでとは違う人の誘導や問い合わせへの対応が必要になりはじめ、ようやく事の重大さに気づく始末だった。
これはいかん、と今更ながら「はやぶさ」の事を調べ、知識を頭に詰め込んだ。「史上最も愛された探査機」という異名も、その時はじめて知った。
6月13日夜の帰還の際には、僕もYouTubeでその様子をリアルタイムで観た。「はやぶさ」が大気圏に突入して輝きながら蒸散していく様に涙が出た。
それからの仕事は何かと「はやぶさ」がらみになった。帰還カプセルの展示公開という大仕事もあり、僕は「はやぶさ」関連イベントにどっぷり浸かっていった。
その年の年末。あろうことか上坂監督は「HAYABUSA BACK TO THE EARTH 帰還ver.」という作品を発表する。なんと、帰還を現地(オーストラリアの砂漠)まで取材に行って、その時の様子を元に、現実に近い映像に差し替え、細部の書き込みを増やした修正版だ。
いち早く配給を受け、試写を観た僕はあぜんとした。エンドロールの映像に、カプセル公開の時に人々が行列している様子の写真が使われていた。そして最後に「『はやぶさ』プロジェクトに関わった全ての人に」という文字。このメッセージは2009年版にもあったらしいが、帰還バージョンでは明らかに意味が変わっていた。満身創痍の状態になった探査機を運用し続けたプロジェクトチームだけでなく、それを応援し続けたファンの人たち、カプセル展示に詰めかけた人たち、この映画を熱心に観に来てくれた人たち、それら全てを包括するメッセージだった。
この時を境に、僕も「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」を観て泣ける人、になってしまった。
この後も、「はやぶさ」に関するイベントがある度に、不思議な光景を目にすることになる。
この映画を観た人、新たに「はやぶさ」ファンになった人が、次々と繋がっていくのだ。
JAXAの内部の人も、映画の制作スタッフも、ファンも、子どもたちも、「はやぶさ」という、既に消滅した探査機を介して横につながっていく…その様子自体が、とても感動的だった。そして、この映画が、そのことに大きな役割を果たしていた。

さて、話は戻って「ライブ」20周年記念イベントである。
西新井にある「ギャラクシティ」のプラネタリウムで「上坂浩光監督作品 全部一挙上映」を敢行するというちょっと無謀な企画である。全部で6作品。午後1時30分から7時すぎまで、トークを交えながらのマラソン上映だ。
僕も「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」絡みでは、いくつかバカな企画をやったが、これは桁違いだ。
この日はプラネタリウム関係者や、宇宙ファン、上坂監督のファン、映画スタッフだけでなく、なんと「はやぶさ」プロジェクトマネージャーだった川口淳一郎先生、「はやぶさ2」プロジェクトマネージャーの津田雄一先生、国立天文台の渡辺潤一先生、「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」でナレーターを務めた篠田三郎さんまで駆けつけるという、豪華な催しとなった(国際会議に参加中の吉川真先生が電話で出演するという一コマもあった)。
よくもまあ、こんな無謀な試みに、皆集まったものだと思いつつ、ふと、ある事に気づいた。
人々を結びつけているのは、映画や探査機じゃないのだ、と。そう、監督の人柄こそが、求心力だったのだ。
そうでなければ、プロジェクトマネージャーや俳優さんまでやってくるわけがない。
その後のパーティでは、宇宙ファンと研究者とスタッフが渾然一体となった不思議な空間が現出することになるのだが、その時僕は監督に訊ねてみた。
「どのプラネタリウム館もやらなかったバカな企画をやっちゃいましたね」
いささかぶしつけな質問である。しかし上坂監督は嬉しそうに「そうですよねー」と答えてくれた。
本当にバカな企画だなーと思いつつやってしまう行動力。そしてそれを認め、応援する人たち。とても幸せな関係だと僕は思う。
もしかしたら、世の中「バカをやる人」が人の心をつかみ、動かしているのかもしれない。
この企画だって、現在進行中の作品制作で忙しい中行われたものだ。普通の神経なら、そんな事やってる場合ではないだろうに、イベントを取り仕切る上坂監督ご本人が、本当に嬉しそうだった。
今の世の中、何かと「責任」という話ばかり強調されて息苦しい。ひどいときには責任を引き受ける事すら許されず、何も出来なかったりする。そんな中で、この20周年記念イベントはとても心あたたまる、人間味を感じるイベントだった。
おかげで僕もちょっぴり幸せな気持ちに浸ることができた。主催・運営した皆さんに、改めてお礼を言いたいと心から思う。
本当にありがとうございました。