いろいろ気にならない2017年07月04日 13時08分08秒

病気休みも長引いてきたけれど、まだ復職の目途は立たない。
たんだんと仕事や職場の事を考える事がなくなってきた。
このままだと復職するのを忘れてしまうのではないかとやや不安になるが、まさかね。
とはいえタイムリミットはあるので、気がついたら無職、というのは避けたい。
ところで、気にならなくなってきたのは仕事のことだけではなくて、人の話を聞かなくても気にしない症状は進行しているし、時刻や予定をあまり気にしなくなってきた。日付感覚がおかしくなるのは病気の兆候だと思っていたが、一旦戻りかけた感覚がまた麻痺しつつあるのは、病気とは違う症状であるように思う。ただ気にならなくなったのだ。
人前で発言することも気にならなくなってきたし、服装も気にならない。睡眠時間が不足していても気にならない。貯金が減っても気にならない(今のところは)。
こういう「気にならない」が増えてきて、なんだか自由になったような気がする。
でもよくよく眺めてみると、社会的にダメな人になりつつあるようにも見える。
もともとそういう人だったのが無理してたから病気になったのかな、とも思うが、それもちょっとさびしい。
睡眠不足(この頃中途覚醒が多い)と関係あるのかもしれないけれど、最近また頭がぼんやりしがちである。色々なことをよく忘れる。もちろんそんな事は気にならないのであるが、これも社会的には残念な事だ。
そろそろ修正方向に舵を切らないと、家族が路頭に迷うかもしれない。
まずは睡眠サイクルをなんとかしなきゃなー、と思いつつ、血圧と頻脈が気になってついぐだぐだしている。
加えてこの鬱陶しい天気に台風の発生。自律神経が自立していない人にとってはかなりきつい。
やっぱりのんびり時を待つしかないのか。
そう考えてホッとしている自分が良いのか悪いのか、どうにもよくわからない。