劣化中2017年08月01日 21時55分21秒

新しく処方された薬が効いたらしく、ひどい空回り感はだいぶなくなってきた。また、所謂「シャンビリ」という耳鳴りもほとんどなくなった。
しかし、朝起きるのが大変。
また、短期記憶の欠落ぶりがすごい。妻に切符を渡して十分後には自分のバッグの中を探している。昨晩の会話を覚えていない。探し物をしているうちに何を探していたか忘れてしまう。
色々間抜けな自分だとは知っていたが、こんなのは初めてだ。歳のせいか、薬のせいか。
とにかくフォーカスが定まらず、落ち着かない。休職前状態に似てる。
これはたぶん、注意サイン。復帰に向けたカギとして活用せねば。
そして、まだ落ち着かない暴力衝動。服薬で収まっでいると思いきや、ハードルは下がる一方。いや、こんなやつらに負けるわけにはいかない。
服薬に対する反応も、注意サインも、見直さなければとおもいつつ、身の回りの雑事にあたふたしているうちに一日が終わってしまう。なんとか自分のご機嫌をとりながら、一日のリズムや危険サインのまとめをしなくては、と思う。
ところで、今回の旅行は、清水舞台から飛び降りる気分だ。くる時の電車でもおば様方の会話がカンに障って、イヤホンで、音楽全開だった。下手すると怒鳴りつけてたかもらしれない。今の所、腰にバンダナをぶら下げていて、「まずいな」と思ったら手に巻き付けたり、丸めて握ってたりする。気をそらすのにも良い。
しかし、自分がこんなに怒る人だとは思わなかった。勉強になる。

劣化中(続き)2017年08月01日 22時28分28秒

抗うつ剤をやめて、気分安定剤主体になって、あちこち楽になってきた。
その一方で、相変わらず怒りの発作は起きやすく、悪化しているようにも思える。さらに新たな症状が出ている、
それは「舌がまわらない」
喋っていると、頰の筋肉がうまく動かなくなり、更には単語が出てこなくなり、最後に舌がもつれて酔っ払いのようになる。
腹がたつ。
特に話が噛み合わないと、馬鹿にされているような気持ちになり、一気に沸点に達してしまう。
うん、この「話が噛み合わない」「馬鹿にされたような気がする」(言葉が出てこない」「頬が麻痺、舌がもつれる」は、キーワードだな。しばらく注視していこう。