やっていいことわるいこと2017年08月07日 14時51分52秒

ついにやってしまった。
わが子の頭を後ろから引っ叩いてしまった。怒りにまかせて。
大した事じゃないと思う人もいるだろう。でも、僕にとっては大問題だ。
子どもは別室に逃げて泣いた。たぶんこの家で拠り所になっている僕に危害を加えられた事で相当傷ついていたと思う。それでも「お父さんが怒り始めたら逃げろ」という言いつけをちゃん守って、泣き出す前に逃げていた。
僕は、自分のショックが収まるまで、数秒動けなかった。自分のやった事が信じられなかった。
「怒りにまかせて」なんて、許せない。
それでも我にかえって、わが子にそっと近づきながら謝った。
怒りに任せて叩いておきながら、謝るなんて最低だ。やられた方はどうしたらいい?
それでも僕は謝るしかなかった。そして背中からそっと抱きしめてもう一度謝った。自分が泣いてしまいそうだった。
怒りを爆発させてはならない。兆候があったら、その場を離れなければならない。
だがいつもできるわけではない。考えが甘かった。
やっぱり、入院する必要があるのだろうか。それともまた実家に退避するか。
今度の診療で、医師に相談しなければ。
しかし、つらい。双極性の躁状態が、こんなに苦しいものだとは。
双極性障害の自殺率が高いのは、こんなところにも原因があるのかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syusak.asablo.jp/blog/2017/08/07/8641898/tb