問題はなんなんだ?2017年08月09日 23時00分29秒

今日は診療日だった。
案の定、旅行に行くことは止めていたのに、という雰囲気の主治医の言葉だった。
しかし、ここで旅行を取りやめていたら、何かとつまらない事が起きただろう事を考えると、メリット/デメリットを考えると好ましくない状況になっていたと思う。
そういう意味で「行って良かったと思います」と答えておいた。
それより、暴力衝動がだんだんエスカレートしてくるのには閉口している。
買ったばかりのkindleには傷がつくし、子どもは叩いてしまうし…
今日も、事あるごとに大声を上げるわ、調子よく喋りまくるわ、単語が出てこなくてどもりまくるわ、些細な事で奥さんと口論になり、手帳を路上に叩きつけるわの気狂いぶりだった。
これが他人の事なら「大変ですね」で終わりなのだが、自分の事だとその後の気分の悪さ、情けなさったらない。
今朝は、薬を飲み違えたのか気分安定剤が切れており、その影響もあったかもしれない。
それにしても、なんでこんなに際限なく気分が荒れるのか、よくわからない。もしや怒鳴る事に快感を見出してはいないかと、心配になる。
そういえば、奥さん相手に怒りをぶつける時、「俺はずっと我慢してきたのに、あんたはなぜ思いついたことを垂れ流して喋ってるんだ。なんで俺の言う意味を汲み取ろうとしないんだ」という気持ちが、一番近い気がする、あああ。愚痴かよ、
病人としては、自分を悪者にしたくはないが、これも考慮に入れなくては。
何せ、このブログのサルベージ(?)に手がつけられずにいるので、あまり大した事は考えられないのだけれど、とりあえず現時点で思いつく対策は以下のような感じ。

1 会話が噛み合わない時は、早々に打ち切る。
2 それでも会話が続きそうな時は、その場を去る。
3 騒音など、周囲の環境にストレスを感じた時は、早めにそこを去る。
4 自分がストレスを感じている兆候があったら、ハンカチやバンダナ等を手首にきつく巻く(意識をそちらに向けるため)。
5 自分がストレスにさらされている、またはストレスにさらされる可能性を感じたら、早めにとんぷくを飲む、

お、おう。そうすると、サルベージの役割は4の兆候を見出す事か。
思わぬところで整理できて感謝。

感謝と言えば、先日双極性のワークショップで、ストレス解消に刺繍が良い、と、勧めてくれる人がいた。
残念ながら刺繍は気乗りがしませんと応えたのだが、先日、やろうと思ってできなかったジーンズその他のつくろいをやったら、これがとても良い。無心に、適度に頭を使いながら、でも明確な正解というものもなく、時々指先に針がささるという刺激もあって、悪くない。
ただ、時間がかかる。
それが悪いのか、というと全然悪くない。
だって、まとまった事をやろうとしたら時間がかかるのが当たり前。
勤めを休む前の「トイレ行くヒマもない」「朝入れたコーヒーは昼努過ぎてから飲む」みたいな方がおかしい。
うん。その事もあとで考えてみよう。
なんか良いアイデアがもりもり湧いてきた。
あ、これ躁状態じゃん。かなわないなあ。

最後に一つだけ気になる事。
今の状態は勤めを休む前の感じに似ている。特にあせり、落ち着かないところが。それプラス怒りの衝動。これは当時は表に出ていなかった。
たぶんいつか役立つだろうと思うので、覚書として残しておこう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syusak.asablo.jp/blog/2017/08/09/8643534/tb