メタルのジブリ2017年05月30日 17時55分00秒

ちょっと前、知り合いに教えてもらったアルバム「Princess Ghibli(プリンセス・ジブリ)」が気に入っている。アーティストは ImaginaryFlying Mchines というプロジェクトで、主にイタリアのミュージシャンが参加しているという。
内容はというと「ジブリの曲をデスメタルでやっちゃった」というもので、ジブリ公認らしい。2011年リリースだから、結構古い。
聴いてみるとかなり笑える。トトロは化け物だし、ポニョは半魚人、ラピュタは呪われているし…という印象。
でも、アルバム全体を通して聴いているうちに、あまり笑えない、もっと笑わせてくれ、という気になってくる。
オムニバスなので、ミュージシャンによるカラーの差があるのは仕方がないのだが、何度も聴いていると、しっくり馴染んできてしまって「これも有りかな」と思えてしまう。
思うに、この人達、ジブリ作品を心から愛しているのではないだろうか。
そもそもそうでなければ、手間暇かけてアルバムをリリースしたりしない(たぶん)。
よくよく聴いていると、笑えるようでいて、大事なところは壊していないような気がする。音楽くわしくないからよくわからないけど。
「ジブリ作品をこよなく愛するデスメタルの人たち」っていうのがそもそも面白いんだけど、メタルはまじめな人が多いって言うし。
とにかく、これ、予想外に良いアルバムである。ただ聴いている姿を他人に見られるとちょっと恥ずかしい気がする。「お、かっこいい曲…ん?トトロじゃね?」みたいな。
どんな顔して聴けばよいかよくわからない。
というわけで、今日もヘッドホンで、あたりに人が居ないのを見極めながらこっそり聴いている(笑)。良いアルバムです。