幻覚さん(?)、いらっしゃい。2017年08月21日 19時48分00秒

治療方針が、うつからの回復から、気分安定にかわり、もうだいぶになる。
「だいぶ」などという曖昧な言葉を使っているのがそもそも問題で、そこを解決するために、このブログを読み返そうとするのだが、なぜかそれができない。
朝の時点で「ブログをサルベージ」をプライオリティ一位にしても、なんだかんだで、片付けとか、調整とか色々な用事が入ってくる。まるで休職前の状態みたいだ。
今現在が休職以前の状態とは思えないので、きっと元からあるプライオリティの順位を下げt、臨時の仕事や片付けにシフトしてしまう癖があったか、仕事をしているうちにそうなってしまったのだろう。
それとは別に最近、困っているのは「幻覚」。
それほど強固なものではないのだが、視覚の端っこに「あ。犬が来た」「あ、ちっちゃい子どもがのぼり旗で遊んでる」「鹿だ」「鳥がとおった」「おばあさんが座っている」という風になる。実際にきっかけとなる影、光、飛蚊、などがあるので、純粋に幻覚とは言えませんが、これ、自動車運転中だったらかなりイケナイ気がする。
でも本当に困っているのは短期記憶の欠如。何かをやろうとして何をしようとしていたかわからなくなり、そもそも立ち上がる必要があったのかさえわからなくなり…これ、いわゆる「海馬の破壊」が起きてるんでは…と、恐れおののくものの、主治医からは「十中八九は薬のせい」とのお言葉を頂いたので、不便だけど困った顔をするのはやめるようにする。
これで軽躁が乗りこなせるか、いかにも不安ではあるが。

中途覚醒。2017年08月15日 03時59分14秒

午前三時。
なんの前触れもなく、目が覚めた。
閉じられた雨戸に、雨粒が当たる音がする。
部屋の明かりは全開で輝いている。
目が覚めて当たり前(笑)。
と、いうことは就寝前の薬は飲んでいない。
案の定、空のコップがテーブルの上にある。
ちょっと考えてから、水を汲みに行く。
臨時の寝室になっている畳の部屋から台所に移動する間に、なんの前触れもなく「僕は幸福なのだろうか?」という思いが頭をよぎる。
不幸でないことは間違いない。
休職中だけど、金銭的にはまだなんとかなっているし、妻子もいる。両親もまだ健在で、こうして転がり込む実家もある。
だがその一方で、それがあまりにも危ういバランスの上にあるものだという事も知っている。
自分がたった一瞬、正気を失えば、いとも簡単にくずれおちてしまう。
こんな事を考えてしまうのはきっと雨のせいだし、こんな時間だし、こんな病気で薬のんでるし。
そして、自分自身を信用できないという恐怖が、冷たく、硬いもののように、僕の隣りにいつもいるということ。

こんな事を考えても仕方がない。
もうやめよう。
次の一日のために、もう一度、眠りに就かなければ。

今日も散歩に出かけたが2017年08月14日 17時45分00秒

なんかいやな天気だ。頭がもやもやする。
人の言っている言葉の意味がわからない。
身体的にも、朝の時点で起き上がるのがしんどかった。
このまま軽躁が止まって、小さな振幅に収まってくれればよいのだが。
どうだろう。

精神的には、散歩をしながら、一体なんの事だったのか思い出せないほどの微かな事が心の琴線に触れて、泣き出しそうになったりするる。
舌がもつれる当たり前になってきたけれど、これってリチウムの副作用?あまりひどいと腹が立つ(暴力ふるうよ、これでは)。
血液検査では異常無かったけれどねえ。

そしてそんな状態で無謀にも銀行へ。
「僕の口座ありますか?」と尋ねに行く用事。
予想通り、通知は停止してあったけど、予想通りこの支店にあった。
なんかもう一口あったような気もするが、ないものはない。

そもそも、そんな面倒な事を考えている体調じゃない。
舌はもつれるし。
頭は膨張・収縮を繰り返していて、とても不快だ(倒れるんじゃないか…)。
様々な幻覚モドキがうろうろしている。

左肩の向こう側によくいる犬、そろそろ消えてくれてもいいでしょう?
あ、でも待って、守護霊様かも。だったらお好きなだけいてください。

外ののぼり旗をパタパタやっている坊や、倒れちゃうといけないから、やめようね。
あれ?いない?最初からいなかったのかな?

結局2時間くらいかけて、本人確認、印鑑の照合をし、旧口座を解約、普通預金に入金、という作業になった。
めっきり疲れた。
お金のことにズボラなのは、だめだねえ、やっぱり、

取っ掛かりが見えてきた?2017年08月14日 09時31分42秒

朝起きたら、ひどく身体が重かった。
久しぶりの重力異常。
思わず二度寝。
再び起き上がったときも、脳がむずむずする。
いや、脳にそういう感覚がないのは知っているけれど、そうとしか言いようがない感覚。
珍しく血圧はほぼ正常範囲。

昨日気づいたのだが、やっぱり一日のうちにやっている事が多い。
それと、スマホ眺めている時間。
目的さえはっきりしていれば良いのだが、漫然とした情報収拾が多い。
それだったらパソコンの方が効率は良いわけで、ちゃんとそういう時間を設けるなりした方が良いと思った。

まずは一日にやる事を減らそう。
理想的なのは、午前中一個、午後一個。
特になにかやっている途中で思いついた事は、まずプライオリティをつけてからやる事にしよう。

ようやく取っ掛かりがつかめてきた、
あれ、でもこの身体の重さ、そしてわけもなく悲しくなる気持ち…うつに戻るんではないよね(「うつ転」っていわないなあ。何ていうんだろう)。
ああああまさかのラピッドサイクラー。
今度の診察で訊ねてみよう。
本当にスリル満点な病気だ。

いろいろ苦しいが…2017年08月13日 20時14分47秒

実家に潜伏3日目。
朝起きたら疲れていた。
そろそろボルテージが正常になるかと思ったが、ダメだった。
視界の端に入るものが、ことごとく別のものに見える。家の中にいないはずの犬が見えたりとか。
気分転換に、散歩にでる。
些細なものが色々な連想を誘う。
例えば小学生の頃の友達の家、道端の花…
ほんのちょっと意識に引っかかっただけで、連想が四方八方に広がり、その連想がまた連想を呼び…しまいに頭が悲鳴を上げてしゃがみ込む。
端から見たら、ただの変な人だ。

家では、些細な事で声を荒らげる。
今日はついに母親の言動にキレて、布団をなぐり、外をダッシュしてきた。
まったくもって気狂いじみている。
それでも被害を最小限に止めようという意識はある。あと2日とちょっとだ。

しかし、人間の心ってほんと不思議だ。
なにがどうなってるんだろうか。
今の状況はとても苦しいけれど、興味深くもある。