春の気配、ストレス対応2018年02月15日 10時31分02秒

寒さがだいぶ緩んだ気がする。
立春を過ぎてもあまり変わらないな、と思っていたのだが、今朝の寒さには冬の突き刺さるような厳しさがなく、湿気った、じわじわと染み込むような感触があった。
この頃どういうわけか見ていなかった、車窓からの高層ビル群も、心なしかもやがかかって見えた。
こうやって季節は少しずつ変わっていく。

今朝は家で嫌なことがあって凹んだ。
この気分のままリワークに出て、色々作業をするのかと思うと気が遠くなりそうで、その場に座り込みそうになった。
でもそうせずに、家を出た。
歩くのも辛かったけど、ヘッドホンをして音楽をかけたら少し楽になった。
復職したら、こんな事はいくらでもあるだろう。
これ位の事でへこたれている訳にはいかない。
やっぱり療養生活が長すぎて、ストレス耐性が落ちているのかもしれない。
まったく今まで何を学んできたんだろう。
改めてストレス対応を掘り起こして、思い出さなければ。
先が思いやられる。